ファンシー

ファンシー『クモの巣と網の不思議』

(文葉社 倒産のため品切れ・絶版)
夢工房より増補復刻版自費出版 2013年11月1日

注文できます


ウェブ版 2009年1月1日
(図が完全には入っていません。
また図が汚れている場合があります。
徐々に修正致します)
  著者      内     容  
池田博明 身近でみられるクモの網
池田博明 クモの糸とその性質
池田博明 クモの生理 (消化法/毒/触肢と精網/振動感覚/一生)
新海明 クモの円網の張り方
新海明     ジョロウグモの円網作り
新海明 トリンフンダマシの同心円状円網
新海明 ナゲナワグモの「投げ縄」作り
池田博明 ムラクモヒシガタグモのX字型網作り
池田博明 世界の珍奇なクモの網
池田博明 クモの網が持つエサを取る工夫
池田博明 網と糸にまつわる面白い行動
谷川明男 コオニグモモドキの網を張らないエサ捕獲
新海明 地球温暖化で分布が変わったクモ
谷川明男 クモの写真撮影とクモの網の写真撮影
船曳和代 クモの網の標本の作り方
池田博明 同好会と参考文献
Bookクモの網と不思議SavoryのSpider's Book 文葉社版 『クモの巣と網の不思議』2003

  執筆 池田 博明
      新海 明
      谷川 明男

  協力 梅林力(電子顕微鏡)
      船曳和代(網標本作製)




 Savory 『The Spider's Web』1952
   (セィヴァリーに敬意を表して)
増補復刻版(夢工房,2013年)注文について

 版元である文葉社倒産のため、入手不能だった 池田(編)『クモの巣と網の不思議』(文葉社)を復刻しました。 自費出版の夢工房発行で、本体価格は2000円です。 料金後払い(郵便振替による支払)でお届けします。 本代の他に送料(スマートレター便180円)と 郵便振替料金がかかります。 利益ゼロの実費販売です。 注文は11月4日より、池田宛メールで 受け付けます。メルアドは+を@に変換してください。できれば件名に「クモの巣と網の不思議注文」と書いて下さい。本の到着を確認してから郵便振替でお支払い下さい。 注文を受け付けた時点で、必ず注文を受付た旨、池田から返信いたします。 注文後、三日たっても返信がない場合には注文が届いていないか、 スパムメールと誤認されてはじかれた可能性がありますので、 確認メールを送って下さい。
 内容は初版のミスを訂正しているほか、第6部36頁を追加しています。 第6部は新海明氏による造網行動の記録 (キヌアシナガグモ、カラカラグモ、ヨリメグモ、ナンブコツブグモなど)です。 東京蜘蛛談話会ホームページでも発行・販売の案内をしております。
    
       原著   前書き  (『クモの巣と網の不思議』p.3より)

 「クモの網」についての本と言いますと、クモの網の種類について説明した本や、クモの巣として代表的な円網の解説をした本を予想されると思います。

 しかし、この本はそのどちらでもありません。もちろん、いろんなクモの網を紹介してありますし、円網の形や張りかたについても解説はしていますが、それはこの本の一部です。むしろ、私たちは、クモの行動や生活にとって網がどれほど重要な役割をしているかを、そして、クモの網がどれほど面白い謎を秘めているかを、みなさんにお伝えしたかったのです。

 現在、クモの網の不思議に関する研究は世界中で大変さかんに行われており、多くの論文が発表されています。けれども、それらを一般のひとがまとめて読めるような本は、意外にもほとんど出版されたことがありませんでした。『クモの網』と題された本はイギリスのセィヴァリーの本ぐらいでしょう。これは立派な本ですが、やや内容が古くなってしまいました。

 そこで、私たちは現代的なクモの網の解説を試みることにしました。新海明は主にクモの造網行動を、谷川明男は円網種であるコガネグモ科とアシナガグモ科の研究とクモの生態写真を、池田博明はクモの形態や全体の構成を担当してまとめてみました。また、東京大学の宮下直さんからは貴重な資料や助言をいただきました。

 幸いにも、クモの網の標本作製の第一人者である船曳和代さん、糸疣研究で走査電子顕微鏡を駆使されている梅林力さんの御協力を得ることが出来、それらの見事な写真だけでも、この本の価値は高いものと自負しております。
 

                     著者一同

〜〜〜〜〜〜 クモの巣という誤解              (『クモの巣と網の不思議』 p.8〜11.)

 雨あがりのしずくや朝露のついたクモの網の美しさに心打たれない人は、おそらくいないでしょう(写真は谷川明男撮影の朝露のついたクモの網)。

雨上がりの円網  ふつう「クモの巣」という言い方をよくしますが、「クモの巣」という言い方はたいていの場合には正しくありません。正しくは「クモの網」というべきです。

 なぜなら、「巣」ということばは、「鳥の巣」や「アリの巣」といったように、動物の住居を表すことばだからです。たしかに網にいるクモは、いかにもその網に住んでいるように見えます。しかし、実は住居は別のところにあることも多いのです。    

 多くのオニグモのなかまは、網から少し離れた葉の裏に糸を使った住居を作っています。この葉の裏の糸製の住居こそ、「クモの巣」とよばなくてはなりません。したがって、大きく張り出されたクモの巣は、住居(巣)ではなく、虫を捕獲する「網」なのです。英語では「巣」は「ネスト(nest)」、「網」は「ウェッブ(web)」と言って区別しています。  

 ただし、日本では昔から「クモの網」のことを「クモの巣」と言ってきました。江戸時代の『倭爾雅(ワジガ)』(貝原益軒著とも喧伝される辞典)巻之六でも、「蛛網」に「クモノス」と振りがながされています。

 翻訳書の題名もギッシング『蜘蛛の巣の家』、モンゴメリ『もつれた蜘蛛の巣』、アームストロング『見えない蜘蛛の巣』、ロート『蜘蛛の巣』、カルヴィーノ『蜘蛛の巣の小道』と、「クモの巣」だらけですし、日本でも黒澤明の映画『蜘蛛巣城』、横溝正史『蜘蛛の巣屋敷』も、やはり「クモの巣」です。映画『となりのトトロ』の歌「さんぽ」でも、「クモの巣くぐって」と歌われています。
 「クモの網」と書かれている本は、これまでのところ小田英智・難波由紀雄『網をはるクモ観察事典』ぐらいでしょうか。

 しかし、クモの生活についてくわしく観察していこうとすると、「巣」と「網」を区別していないと都合の悪いことがありますので、この本では虫の捕獲につかわれている部分を「クモの網」と表現することにします。そして、クモの住居になっている部分を「クモの巣」と表現することにします。    

 さて、クモの巣のまんなかにクモがいる(おっと、クモの網でしたね!)ような印象がありますが、これは本当でしょうか。網はあるのに、クモがいないという場合もけっこう多いのではありませんか。私たちの家のまわりを注意して見ますと、網の中央にいつも足を伸ばしているクモの種類は限られていることが分ります。    

kogatalpganegumo 夏には黄色と黒のシマがある派手な模様をしたコガネグモやナガコガネグモ、草の実のような緑色が目立つワキグロサツマノミダマシ、秋の風物詩となっているジョロウグモなどは、昼間でも網の中央で虫がかかるのを待っています(写真はコガタコガネグモです。池田博明撮影)。それに対して、オニグモの仲間は通常は昼間の網には見られません。クモは網を放棄してしまったのでしょうか。いいえ、これらのクモは網から離れた場所にある巣に隠れているのです。    

 そして虫がかかったときだけ、巣から走り出してくる種類と、虫がかかっても巣から出ず、夜になるのを待っている種類とがいるのです。
 そうすると、私たちはクモの網にクモがいるかどうかを観察するだけで、そのクモが昼行性の種類なのか、半昼行性なのか(半夜行性というべきかもしれません)、夜行性なのかの見当がつくことになります。毎日のクモの生活の中心は虫をとって食べることですから、その行動がいつなのかはとても大切な観察事項ですね。正確にどの程度、昼行性なのかは、きちんと調べてみなくてはなりません。
 昼間の虫捕獲については、網に生きた虫をかけてみるのがいいでしょう。クモの反応と行動がわかります。一時間ごとに一日じゅうクモの網を観察して、食事の時間表を作成した研究者もいます。最近は、ビデオ撮影という手段もあります。

 ナガコガネグモやジョロウグモのような昼行性のクモは色や模様が目立つ種類が多いのに、オニグモのような夜行性のクモは目立たない色をしていることも特徴です。これは私たちと似た色覚をもっている天敵に対する適応だと考えられます。昼行性のクモは体を目立たせて天敵に自分は危険な生物であると誇示している(このような働きをもつ体色を警告色と言います)のに対し、夜行性のクモは周囲の環境に合った暗い目立たない色(このような体色を隠蔽色といいます)をしています。   

 じっと見つめているだけでも、網の中央にいるクモは、ずいぶんいろいろなことを語りかけてくれています。その「網のことば」を解読する試みに挑戦してみましょう。

       (池田博明記)

ファンシー日本蜘蛛学会の歴史 History

トップ アイコン
トップ
ファンシー